お世話になっております、ほわたです*\\(^o^)/*☆☆☆ワーイワーイ


コミュニケーション能力向上薬ができたらしいですね。

rapture_20190122163044

「合コン行く前にオキシトシンキメてこ」っていう時代がもうすぐくるんですね~処方箋が必要なお薬なのか、薬局でぺろっと買えるのか気になるところ。

「オキシトシンを服用した状態で学校生活を送る」とか、「就活に用いる」とか、汎用性=依存性がかなり高そうだけど、末端価格はおいくらなんだろうか。処方薬だとして、ASDの診断が出てたら保険適応されそう。

処方薬にすると向精神薬などのようにネットのどこかで高額で売買されることが回避できなそうですね。かくいうワタシもちょっと服用してみたい。副作用なさそうだし。

そうなると、薬局で「オキシトシン配合」の粉ミルクなどを大人が自分用に買っていくみたいな。今でも一部の大きなお友達に人気らしいですね、粉ミルク。バブ味

対人障害改善の薬開発=「幸せホルモン」鼻からスプレー-浜松医科大:時事ドットコム 対人障害改善の薬開発=「幸せホルモン」鼻からスプレー-浜松医科大:時事ドットコム

要点をまとめると、

「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」を鼻からスプレーする治療薬で症状の改善が見られた

ASD患者が男性に多いことに着目。女性の陣痛や母乳分泌に関わるオキシトシンが、協調性に関係するのではないかと仮説を立てた。

臨床試験したところ、オキシトシンを鼻から吸引した成人男性患者は、治療前には活動が低下していた感情理解などをつかさどる脳の部位が活発化、コミュニケーション能力の向上が見られた。

2019/01/21-12:03

引用:対人障害改善の薬開発=「幸せホルモン」鼻からスプレー-浜松医科大

スポンサードリンク





アスペに優しい世の中になりました。貧困ビジネスと原点回帰で韻踏んでる?



サムネ
bana

YouTubeにペットやお出かけの動画を投稿しています★

質問はこちらへ→ほわた | ask.fm 

2475.new-instagram-text-logo

お買い物にこちらのリンクを使ってくださると、もっと面白くなります!